パーソナルジム_トレーニング時間比較

パーソナルジム「1回のトレーニング時間」を比較

パーソナルジム_トレーニング時間比較

パーソナルジムによって異なる「1回のトレーニング時間」。時間は長いほうが良いのか?短いほうが良いのか?パーソナルジムのトレーニング時間についてまとめます。

パーソナルジムの時間配分の特徴

パーソナルジムのトレーニング時間
まず始めに、パーソナルジムでは、どのように時間が使われるのか?について解説します。

パーソナルトレーニングは、インターバルタイム(休息時間)も正確に計測され、1分たりとも無駄にせず効率的に種目をこなして行くのが特徴です。

~ インターバル時間の例 ~

■スクワット×4セット(約10分)
70kg×10回(1分休憩)65kg×10回(1分休憩)55kg×10回(1分休憩)自重×10回(3分休憩)

■デッドリフト×4セット(約10分)
75kg×10回(1分休憩)65kg×10回(1分休憩)50kg×10回(1分休憩)40kg×10回(3分休憩)

■ベンチプレス×4セット(約10分)
80kg×10回(1分休憩)70kg×10回(1分休憩)60kg×10回(1分休憩)50kg×10回(3分休憩)

次の種目・・・

「トレーニング種目」「ウェイトの重量」「セット数」は目的や目標によって変化しますが、誰でも共通するのは「楽をさせない正しいフォーム」を指導され、限界まで追い込むという点です。

より重たいものを持ち上げるコツを伝授するのではなく、いかに効率よく効かせたい筋肉に効かせるか?を目指して指導するため、どの種目も7~8回で限界がきて、そこからフォロー(トレーナーが一緒に持ち上げてくれるサポート)が入り、さらに4~5回ほど続ける。といった内容。

トレーニング例えばダンベルひとつ取っても、下ろして持ち上げた際の「持ち上げきった状態」は「ほぼ休憩している状態」とのことで、そのわずかな時間の使い方にも指導が入り、すぐに次の下ろす動作を促される感じです。

『せっかく筋繊維を疲れさせたなら、その状態を最大限利用して、効率よく追い込んじゃいましょう!』といった考え方です。

自主トレとは異なる濃密な時間を過ごすのが、パーソナルトレーニング指導の時間配分の特徴です。

時間は長いほど良い!とは言い切れない

プライベートジムのトレーニング時間

トレーニング種目は時間が多いほどたくさん出来るので、単純に時間が長いほど良いような感じがしますが、一概にそうとは言い切れません。

上述のように1セット毎に濃密な時間を過ごすトレーニングを何時間も続けることは、体力的に厳しいでしょう。

体力の限界でヘトヘト状態なのに次の種目を促されても、もう動けないか、手を抜いたトレーニングになるか、どちらにしても時間の無駄です。

使用するウェイトの重さは、その人の力に合わせて「1セットで8回~12回できるか?できないか?」あたりの絶妙な重さが設定されるので、「体力に自信が有るから何時間でもできる!」といった類のものでもありません。

ウォーキングそもそも、何時間も出来るようなウェイトのトレーニングでは、完全に重さの設定ミス。軽めのウォーキング程度の負荷でしょう。

したがって、多くのプライベートジムで採用されている1回60分前後の時間が有れば、その日のトレーニングはそれで充分。むしろ限界。といった感じになります。

プライベート空間の占有時間に注目

プライベートジムのシャワー時間

パーソナルジムを時間で比較する場合、プライベート空間の貸し切り時間について注目してください。

人気店を例に、「トレーニング時間」と「シャワー・着替えなどの時間」についてご紹介します。

トレーニング時間と、シャワー・着替え時間の例

マンツーマンジムのロゴ_247ワークアウト
247ワークアウト
プライベートジムのロゴ_エススリー
エススリー
プライベートジムのロゴ_ベレッツァ
ベレッツァ
・トレーニング75分
(内15分は、シャワー・着替え)

「24/7ワークアウト」「エススリー」「ベレッツァ」は、75分間のうち、トレーニング時間は実質60分。残りの15分は基本的にシャワーや着替え時間に充てられます。
シャワーや着替えが不要であれば、みっちり75分トレーニングしてもらうことも希望可能です。
マンション内やビル内の1室が店舗になっていて、入店から退店までの間、完全にプライベート性が確保されます。

 

プライベートジムのロゴ_エクスリム
エクスリム
・トレーニング60分
(シャワー・着替え時間は別で確保)

「エクスリム」は60分の中にシャワーや着替え時間が入っている訳ではなく、60分間のトレーニングとは別で、バスルーム・パウダールームを利用します。
プライベート空間の貸し切り時間は不明ですが、他の会員さんと顔を合わせなくて済むよう、タイムスケジュールを管理してもらえます。

 

マンツーマンジムのロゴ_リボーンマイセルフ
リボーンマイセルフ
パーソナルジムトレーニング_ライザップのロゴ
ライザップ
・トレーニング50分
(シャワールーム・パウダールーム利用は時間制限なし)

「リボーンマイセルフ」「ライザップ」は、トレーニングルームで50分間のマンツーマン指導が終わった後は、シャワールーム・パウダールームを時間制限なしで利用可能です。
マンションではなく、広めのフィットネススタジオのような建物なので、シャワールーム・パウダールーム共に、広々としたスペースを他の会員さんと共用します。(シャワーは個室です)

トレーニング時間まとめ

パーソナルジムのトレーニングは、セット内のインターバル時間まで無駄なく管理されます。

トレーニング時間が終わると、プライベート空間の貸し切り時間内で、シャワー・着替えなどを行います。

シャワー・着替え・パウダールームの利用は、「スペース丸ごと貸し切りの完全プライベートジム」と、「共用スペースを時間制限なしで利用するジム」があります。

公式HPには、単に『トレーニング〇〇分』としか書かれていないジムがほとんどです。

ジムに無料カウンセリングに行った際には、トレーニング時間とは別で「シャワー時間・メイク時間・トレーナーに質問する時間」などが、どれくらい確保されるのか?忘れずチェックしましょう。

プライベートジム トレーニング時間の比較

ジム名 トレーニング内容 詳細ページ
マンツーマンジムのロゴ_247ワークアウト 75分 もっと詳しく
プライベートジムのロゴ_エススリー 75分 もっと詳しく
プライベートジムのロゴ_エクスリム 60分 もっと詳しく
マンツーマンジムのロゴ_リボーンマイセルフ 50分 もっと詳しく
プライベートジム_ジュエルボディメイクのロゴ 75分 もっと詳しく
プライベートジムビーコンセプトのロゴ 75分 もっと詳しく
パーソナルジムPOLICYのロゴ 50分 もっと詳しく
パーソナルジムトレーニング_ライザップのロゴ 50分 もっと詳しく
Naiaのロゴ 50分 もっと詳しく
プライベートジムのロゴ_ベレッツァ 75分 もっと詳しく
マンツーマンジムのロゴ_クレビック 60分 もっと詳しく
プライベートジム_トリプルエムのロゴ 60分 もっと詳しく
パーソナルジム比較表のロゴ_RITASTYLE 75分 もっと詳しく
BOSTYのロゴ 45分 もっと詳しく
パーソナルジムbodykeのロゴ 50分 もっと詳しく
パーソナルジム比較表_UNDEUX 60分 もっと詳しく
プライベートジムフォルツァ_ロゴ 60分 もっと詳しく
ランウェイのロゴ 60分 もっと詳しく
プライベートジムのロゴ_ビセットフィット 60分 もっと詳しく
Lyuboviのロゴ 75分 もっと詳しく
プライベートジムのロゴ_パーソナルボディラボ 50分 もっと詳しく
プライベートジムのロゴ_ターニングポイント 70分 もっと詳しく

 

>>目次にもどる