パーソナルジムの食事報告メール_top画像

パーソナルジムの「食事メール報告」有り無しの違いは?

パーソナルジムの食事報告メール_top画像

パーソナルジムには「食事のメール報告」有るジム無いジムがあります。この記事では、メールサポートのメリット、ジム選びの注意点、メール報告ありなしの違いをまとめます。

プライベートジムの食事改善指導について

プライベートジムに入会するとトレーニング期間中、食事の改善指導が行われます。

パーソナルジム食事のレクチャー食べるべき食材・控えるべき食材の知識は、トレーニング卒業後も一生使える知識となるでしょう。

食事の改善は「糖質制限をベースにしている」という方向性で、全てのジムが共通しています。

糖質制限の内容については以下のページでまとめていますので、詳しくはこちらをご覧ください。
>>「糖質制限」の記事はコチラ

食事改善のレクチャーはどのように行われるのか?

パーソナルジム_食事のレクチャー方法食事のレクチャー方法は「オリジナルの食事マニュアル」や、「食べていいものリスト」などを使ってマンツーマン指導するジムが主流です。

全てのジムに共通するのは、栄養素の計算方法や、食べるタイミングを学び、『なぜそうする必要があるのか?』を指導するところです。

どのジムもスタートに食事改善のレクチャーがあり、実際に何をどれくらい食べて行くかを「目的」「目標」「体質」によってパーソナルに設定されます。

パーソナルジムでの食事指導と、独学との違い

糖質制限独学糖質制限は、現在かなり人気のダイエット法。糖質制限に関する書籍も数多く出版されているため、独学でメソッドを学ぶことも可能です。

しかしながら、「糖質」は体の組織をつくる上で重要な栄養素のひとつ。

糖質をカットし過ぎると、脂肪と一緒に筋肉も落ちてしまい、リバウンドしやすい体質になる危険性があるため注意が必要です。

最適な糖質の量や、その他の栄養素の必要量は、あなたの目的や、なりたい体型、元々の体質によって異なります。

パーソナルジムで食事を設定してもらう大きなメリットは、「あなたの目的・目標・体質に合った、最適な摂取量」を設定してもらえるところです。

また、理想の身体を作るには、食事の改善だけでなく、目的に合ったトレーニングも必要不可欠です。

あなたのトレーニングの負荷や、トレーニング量を把握しているトレーナーが、そのトレーニング内容に合わせて必要な食事量を設定してくれるのも、独学との大きな違いです。

さらに、食事とトレーニングによって日々理想のスタイルに近づいていく身体に合わせ、都度、最適な食事量は変わっていきます。

体型変化の様子を見ながら、日々食事内容がカスタマイズされていくのも、独学には無い大きなメリットです。

パーソナルジム食事指導のメリット

  • あなたの目的・目標・体質に合った、適切な摂取量が学べる
  • あなたのトレーニング内容に合わせて必要な食事量を教えてくれる
  • 体型変化の様子を見ながら、その都度、最適な食事内容がカスタマイズされる

食事のレクチャーにあまり力を入れていないジムもある

パーソナルジムの数が増えてきた現在、それぞれのジムのコンセプトも多様化しています。

多くのジムでは「食事」&「トレーニング」の2つを主軸にボディメイクを指導しますが、中には、食事のレクチャーにあまり力を入れていないジムもあります。

特に、「担当トレーナーが毎回変わってしまうジム」や、「料金が安すぎるジム」などにその傾向が多くみられます。

・担当トレーナーが毎回変わってしまうジム
明確な担当が居ないので誰もあなたの食事を把握してくれていない。責任の所在がわからない。誰に質問していいか分からなくなる。といった場合がある。
・料金が安すぎるジム
トレーニング指導だけをメインサービスにしており、食事指導に時間をかけず、多くの顧客を抱えることで低価格にしている。といった場合がある。

食事指導の充実を基準にしてジムを比較したい人は特に、無料カウンセリングに行った際に、『どのようにレクチャーされるのか?』『担当は誰なのか?』『分からないことがあった時は、メールで聞いたりできるか?』などを確認しておきましょう。

食事サポートメールについて

食事のメールサポートの有るジムでは、以下のようなイメージで、毎食の食事内容をチェックしてもらいます。

ダイエット家庭教師_食事指導出典:FiNC ダイエット家庭教師

画像は、食事指導をメインにオンラインサポートを提供する「ダイエット家庭教師」からお借りしています。

ダイエット家庭教師では、管理栄養士の先生がメールサポートを担当し、毎食に対して細かいレスポンスを送ってくれます。

詳しくは、以下のページでまとめています。
>>「ダイエット家庭教師」の記事はコチラ

メールの細かさ、返信の速さはジムによって異なる

食事制限指導のメール『どの程度まで詳しくメール添削してくれるのか?』『メール返信のレスポンスはどれくらい速いか?』は、ジムによって異なります。

メールサポートに凄く力を入れているジムなら良いですが、期待していたよりも大雑把な返信だったり、閉店後にまとめて返信するジムも有るかもしれません。

スタートしてから『思ってたのと違う。。』とならないために、無料カウンセリング時にどのような内容か、確認しておきましょう。

食事サポートメールのメリット

食事の改善は、始めたばかりの状態のとき『本当にこれで合っているのか?』といった不安に陥ることが多いでしょう。

食べたものを毎食メールして、その内容に対して評価してもらえるメールサポートは、食事の量、食事の質などに慣れるまでの大きな支えになります。

また、目標を共有しているトレーナーに食事を毎食チェックされるという緊張感は、『今日はちょっとぐらい適当でもいいかな?』といった誘惑への抑止力になるメリットもあります。

食事サポートメールが無いジムについて

マンツーマンジムのロゴ_247ワークアウト24/7ワークアウトでは、毎日の食事サポートメールはありません。

以下に、食事のメールサポートがないジムの中で一番の大手である「24/7ワークアウト」の場合を例に、メールサポートの有るジムとの違いをまとめます。

メールサポートがあるジムとの違い

毎食のメールチェックが無いため、特に最初のうちは、『本当にこれで合っているのか?』といった不安が、メールチェック有りのジムと比べて大きくなってしまいます。

ただし、24/7ワークアウトの場合、分からないことを次回のトレーニング日まで聞けない訳ではなく、メールや電話で質問することも可能になっています。

また、食事を具体的にチェックしてもらいたい場合、毎食撮影しておいて、トレーニング日に画像を見せて評価してもらうことも可能です。

違いは、「毎食の内容を、その日のうちに評価してくれるかどうか?」という点になりますので、「報告して毎日評価してもらうこと」を重視するなら、メールチェック有りのジムがおすすめです。

メールサポートがあるジムとの共通点

メールサポートが有っても無くても、食事内容を具体的にカスタマイズしていく際には、体型変化の様子を見つつアドバイスが行われます。

「このままの食事で良いかどうか?」「変化を付けたほうが良いか?」は、どちらのジムもトレーニング日に調整される点で共通しています。

メールチェック有り無しの違い

メール有り:毎食の評価を、毎日もらえる
メール無し:毎食の評価がトレーニング日(3日に一度くらい)になる

共通点

食事内容のカスタマイズは、体型変化の様子を見つつ、トレーニング日に調整される。

食事の報告方法の分類

『何を食べたか?』の食事報告方法は、ジムごとに、大きく分けて3種類になります。

毎日メールするジム

食事報告メール
担当トレーナーに食事内容をメールして、評価を貰います。

撮影した画像を送るだけでも良いので、そこまで手間はかかりません。

ジムに行ってない日も、メンタルの支えになって貰えるメリットがあります。

食事報告なしのジム

食事報告なしのジム
手間がかからないのがメリットです。

管理されている緊張感が欲しい場合はデメリットだと思います。

ただし「報告なし」と言っても義務がないだけで、分からない事があればメールや電話で質問できるジムもあります。

「何を食べたか」をトレーナーと共有したい場合、毎食撮影しておいてトレーニング日に見せるのもおすすめ。

毎食ノートに記入していくジム

食事をノートに記入するジム
食事内容を毎食ノートに記入してトレーニング日に持参し、アドバイスを貰います。

女性専用ジム「リボーンマイセルフ」が、このシステム。

毎日書くことを面倒と感じるか楽しいと感じるか、好みが別れるところです。

「書く」ことで摂取した栄養素のグラム数まで自分でしっかり把握でき、後から読み返したりできる点がメリット。

まとめ

食事のメールサポートは、担当トレーナーに食事内容を報告して、その日のうちに評価やアドバイスを貰うシステムです。

メリットとして

誘惑への抑止力になる。
つい食べすぎたり、うっかり勘違いした食事をその日のうちに訂正して貰える。
リアルタイムでメンタルの支えになって貰える。

デメリットについては

×面倒
×義務感がストレス

という部分が人によっては考えられます。

食事メールサポート有りのジムは、こんな人におすすめ
『報告を忘れるとちょっと怒って貰えるくらいが、熱い感じで好き!』
『毎日チェックして貰ったほうが頑張れそう。』
食事メールサポート無しのジムは、こんな人におすすめ
『常に見て貰わなくて大丈夫!』
『気になるときだけ頼りたい。』

メールサポートの注意点として、『どの程度まで詳しくメール添削してくれるのか?』『メール返信のレスポンスはどれくらい速いか?』などは、ジムによって異なります。

メールサポートに凄く力を入れているジムなら良いですが、期待していたよりも大雑把な返信だったり、閉店後にまとめて返信するジムも有るかもしれません。

繰り返しになりますが、スタートしてから『なんか、思ってたのと違う。。』とならないために、無料カウンセリングに行った際には、どのようなサポート内容かを具体的に確認しておきましょう。

プライベートジム食事指導方法の比較

ジム名 食事の報告方法 詳細ページ
マンツーマンジムのロゴ_リボーンマイセルフ ノートに記入 もっと詳しく
マンツーマンジムのロゴ_247ワークアウト 報告なし もっと詳しく
プライベートジム_ジュエルボディメイクのロゴ 報告なし もっと詳しく
BOSTYのロゴ 報告なし もっと詳しく
プライベートジムのロゴ_パーソナルボディラボ 報告なし もっと詳しく
プライベートジムのロゴ_エススリー メール報告 もっと詳しく
プライベートジムのロゴ_エクスリム メール報告 もっと詳しく
プライベートジムビーコンセプトのロゴ メール報告 もっと詳しく
プライベートジムフォルツァ_ロゴ メール報告 もっと詳しく
パーソナルジムトレーニング_ライザップのロゴ メール報告 もっと詳しく
Naiaのロゴ メール報告 もっと詳しく
プライベートジムのロゴ_ベレッツァ メール報告 もっと詳しく
マンツーマンジムのロゴ_クレビック メール報告 もっと詳しく
ランウェイのロゴ メール報告 もっと詳しく
プライベートジムのロゴ_ビセットフィット メール報告 もっと詳しく
Lyuboviのロゴ メール報告 もっと詳しく
プライベートジムのロゴ_ターニングポイント メール報告 もっと詳しく

 

>>目次にもどる